資格

1級管工事施工管理技士の難易度はどのくらい?【技術系の国家資格を多数保有する管理人が評価】

1級管工事施工管理技士の難易度はどのくらい?【技術系の国家資格を多数保有する管理人が評価】
1級管工事施工管理技士に挑戦したいけど難易度はどのくらいなの?
1級と2級どちらを受けようか迷う

そんな悩みを解消します。

この記事を読まなければ、難易度が分からず、

  • 簡単に受かるのに、しり込みしてチャレンジできずに過ごす
  • 難しすぎるのに挑戦してしまい、試験勉強の内容も身につかない

なんてことになりかねません。

この記事では、1級管工事施工管理技士の難易度を他の技術系資格と比較しながら解説していきますので、この記事を読んで、挑戦できるかどうか見極めてください。

この記事では

  • 管工事施工管理技士 1級と2級の違い
  • 1級管工事施工管理技士の難易度を合格率から検証

をご説明致します

配管をは使う仕事なら、試験勉強が全て身になるので私はこの資格をお勧めしたい!

 

既に受けた方でリベンジを目指している方はコチラの記事を参考にどうぞ。

管工事施工管理技士 1級と2級の違い

管工事施工管理技士とは、

冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事

において施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行う人です。

1級管工事施工管理技士は、2級の範囲に加えて、建設業法により特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者や、工事現場ごとに置かなければならない主任技術者および監理技術者になることができます。

2級管工事施工管理技士は、建設業法による一般建設業の営業所の専任技術者や、工事現場における主任技術者となることができます。

1級管工事施工管理技士の難易度を合格率から検証

学科試験の合格率 実地試験の合格率

合格率は学科試験で50%~60%、実地試験で40%です。どちらにも合格して初めて資格取得となりますので、実地試験の合格者40%が1級管工事施工管理技士の合格率と言えるでしょう。

他の技術系資格の合格率と比較すると、

高圧ガス製造保安責任者48.1%

エネルギー管理士32.6%

公害防止管理者27.2%

環境計量士(濃度関係/騒音・振動関係)15.4%

割ととっつきやすい資格であることがわかります

1級管工事施工管理技士の難易度まとめ

この記事では

  • 管工事施工管理技士 1級と2級の違い
  • 1級管工事施工管理技士の難易度を合格率から検証

をご説明致しました。

既に受けた方でリベンジを目指している方はコチラの記事を参考にどうぞ。

https://engineerwisemethod.com/entry/2020/02/22/075127