資格

【業種・職種別】公害防止管理者と組み合わせて有効な資格4選

計量の写真

公害防止管理者の過去問を10年分解いて作り上げました。

公害防止管理者大気1種、水質1種、エネルギー管理者を取得した筆者が合格に必要な知識を凝縮した教材です。

語呂合わせをさらに見たい方はコチラ!

 

公害防止管理者を取得した!でも何に役立てたらいいのかわからない。

「公害防止管理者の次にとる資格で悩む」

そんな悩みはありませんか?

確かに建築士や医師などのように出来る業務やメッリトが見えにくい資格ではあります。

公害防止管理者の資格だけではアピールに欠けてしまうんです。

求人を見ても公害防止管理者だけを条件にしている会社はほとんどなく、他の資格も持っている人を募集しています。

参考リンク



この記事では

・公害防止管理者の次に受けるのに最適難易度の資格

・公害防止管理者との組み合わせが良い資格

を紹介します。

ボイラー・タービン主任技術者(運転員、保全員向け)

 

タービンの写真

ボイラー・タービン主任技術者(BT主任技術者)はオペレーター(運転員)やメンテナンスマン(保全員)の方が取りやすい資格です。

なぜなら日々の業務が実務経験年数にカウントできるからです。

設計者やプラントエンジニアだと設計・計画期間はカウント出来ないことが多く、現地工事をしている期間しか経験年数に加算出来ません。

試験自体は筆記試験があるわけではなく、実務経歴書の送付と経歴書を元に面接があるのみなのでとっつきやすい資格です。

ただし、試験に関する情報が出回っていません。最寄りの経済産業省の各地方産業保安監督部電力安全課に連絡して試験の流れ等を聞かないといけないのが現状です。

私が周りの試験取得者や、ボイラー・タービン主任技術者の会議に出席した際に聞いた話等をまとめた記事がありますので、そちらを参照下さい。

https://engineerwisemethod.com/entry/2019/12/24/153239

主催経済産業省
申請期間随時受付
試験日随時
合格発表随時
手数料6,600円
難易度

1級管工事施工管理技術者(万人向け)

設備工事を業務として扱うことが多い方なら1級管工事施工管理技術者が良いです。

試験内容が実際の業務内容に近いことが多いため試験勉強の負担が少なくて済みます。

試験の難易度の割に転職時の求人で要求資格に挙げられていることが多く、アドバンテージになります。

下のリンクから求人をチェックしてみてください。

参考リンク



主催一般財団法人 全国建設研修センター
申請期間令和2年5月7日(木)~5月21日(木)
試験日(1級学科)令和2年9月13日(日)
合格発表(1級学科)令和2年10月15日(木)
試験日(1級実地)令和2年12月6日(日)
合格発表(1級実地)令和3年3月3日(水)
手数料(学科)8,500円
手数料(実地)8,500円
難易度

 

特級ボイラー技士(ボイラー関係者向け)

ボイラーの写真

ボイラー関係者で公害防止管理者に合格できる力があるなら特級ボイラーへの挑戦を考えてみることをオススメします。

弁理士という資格が出来るまでは、理系資格の最難関資格と言われていました。

主催安全衛生技術試験協会
申請期間8月頃から
試験日令和2年10月29日
合格発表試験日から1ヶ月程度
手数料6,800円
難易度

技術士(環境)(コンサルタントを目指す方向け)

技術士環境の写真

誰もが行っている難関資格「技術士」。

しかし公害防止管理者に合格する知識があるなら環境部門の2次試験は大丈夫です。

2次試験の筆記試験は内容も被っているところが多いため、試験勉強の負担が少なくて済み、その分口頭試験の勉強に時間を割くことが出来ます。

主催公益社団法人日本技術士会
申請期間(1次)令和元年6月20日(木)から7月3日(水)
試験日(1次)令和元年10月13日(日)
合格発表(1次)令和元年12月19日(木)[予定]
申請期間(2次)令和2年4月6日(月)~4月20日(月)
試験日(2次)筆記:令和2年7月12日(日)/口頭:令和2年11月~令和3年1月
合格発表(2次)筆記:令和2年10月/口頭:令和3年3月
手数料(1次)11,000円
手数料(2次)14,000円
難易度

まとめ

ここでは公害防止管理者の次にどのようにロードマップを描ていくかというお話をしました。

特に「1級管工事施工管理技術者」は試験難易度の割に、求人の推奨資格に良く載っているのでオススメです。

 

公害防止管理者の過去問を10年分解いて作り上げました。

公害防止管理者大気1種、水質1種、エネルギー管理者を取得した筆者が合格に必要な知識を凝縮した教材です。

語呂合わせをさらに見たい方はコチラ!