資格

【16冊を購入、使用してレビュー】特級ボイラー技士の勉強にオススメの過去問・参考書・テキスト・便覧とは?

特級ボイラー技士受験って心細くないですか?

周りに特級ボイラー技士を受ける人ってなかなかいないし、

ネットで勉強方法や参考書、テキストを探しても情報がなかなか出てこない。

何を買ったらいいかわからない!

そこで、

私は実際に色々な特級ボイラー技士の参考書、テキストを購入・使用してみました。

そして試験勉強にホントに必要な4冊まで絞り込みました!

この記事の要点

試験勉強に必要なのは過去問+科目ごと参考書3冊!

この理由を説明していきます。

なお、ボイラーの構造規格は「法規」の科目の範囲ですが、初めて特級ボイラーを調べる方のために「構造」の項目でご説明しております。

Contents

特級ボイラー技士の参考書・テキストのオススメ「全般編」

特級ボイラー技士試験問題解答集 ボイラ技士試験研究会

特級ボイラー技士試験問題解答集の写真

平成19年6月
A4 140ページ
価格:2,640円(税込)

私は試験勉強を始めるにあたって、まず買うべきはこの過去問だと考えます。

理由は解説が詳しいから!

内容を説明していきますね。

ボイラー関連の参考書ではよく名前を聞く燃焼社が発行している過去問。

特級ボイラー技士の過去問を探している方には最初に目につくであろう過去問ではないでしょうか。

4年分がセットになっています。

特級ボイラー技士試験問題解答集の写真

タイトルには20〇〇年版となってまして、その年の前の年から過去4年分が収録されています。

例えば2015年版であれば、収録されているのは2010年、2011年、2012年、2013年です。

・解説が細かい
・1年ごとに冊子が分かれている

解説がとても細かく計算問題なども途中式が細かく書かれており、式変形なんかも1ステップずつでとても分かりやすい。

解答と解説

1年ごとに冊子が分かれているため、持ち運びしやすく電車通勤等で荷物を減らしたい方には良いです。

・図表やイラスト、写真が少ない
・A4サイズ

図表やイラストは最小限であり、POPさは一切ないです。

ですのでこの過去問だけで勉強するのはつらいです。

図表、イラスト、写真が豊富な参考書も用意して、理解を深めるようにするのが良いです。

A4サイズなので小さめのカバンを使っている方は多少持ち運びに難ありです。

特級ボイラー技士免許試験問題及び解答集 日本ボイラ協会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成26年6月
A5 231頁
価格: 1,986円(税込)

私が持っているのは「平成16年度~平成25年度」版です。

10年分が一冊にまとまっています。

解答も載っていますし、A5サイズで持ち運びやすいので、この参考書1冊を持ち運べばどこでも試験勉強ができます

・10年分が1冊に収録されている
・サイズがコンパクト

なんといっても問題量が多いのが良いですね。

1冊に書き込んでいけば、試験直前の復習も「この本さえ見ておけばいい」という安心感がありますし。

サイズがA5でコンパクトなのが良い。

・解説が少ない

解説は少なめです。

とはいっても解答だけが書いてあるというわけではなく、途中式も載っています。

解答と解説の量

ボイラー便覧 日本ボイラ協会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり有名ではないかもしれませんが、ボイラー便覧は周辺知識まで載っていますし、網羅的な記載なのでおすすめです。

絶版なので入手が難しいかもしれませんが、最新版にこだわらなければAmazonマーケットプレイスなどで入手することができます。

・網羅的に載っている
・図表、イラストが豊富

熱力学や材料力学の教科書かと思うぐらいバックグラウンドの知識が載っています。

図表が多いので理解に役立ちます。

・絶版で入手が難しい
・高い(16,000円)
・重い
・情報量が多すぎて探すのが大変

手に入らなければ見ることはできません。

それに、ただでさえ高いのにプレミア価格になっているものもあります。

分厚く重いので持ち運びは難しいでしょう。

ただ、公害防止管理者の試験勉強における「新・公害防止の技術と法規」(通称:電話帳)のようにこれを持っておけば探したい情報は必ず見つかるという安心感はあります。

特級ボイラー技士の参考書・テキストのオススメ「構造」

ボイラーの構造 日本ボイラ協会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2019年7月 第4版
A5 208
価格: 2,420円(税込)

過去問に続いて買うべきはこのシリーズの参考書「構造」「燃料および燃焼」「取扱い」だと考えます。

ボイラーの構造を学ぶなら、日本ボイラ協会の「ボイラーの構造」をオススメします。

A5サイズ、208ページにたっぷり構造の知識が載っています。

・A5サイズでコンパクト
・日本ボイラ協会発行

一般社団法人日本ボイラ協会は、ボイラー・圧力容器関係の法令関係解説書、技術関係図書や定期自主検査記録、ビデオ教材やDVD教材等多くの図書等を発行しています。

ボイラーにおいて日本でも大きな権威のある団体ですので提供される情報の確度が高いです。

・科目ごとに参考書が分かれていて重い
・科目ごとに分かれていて高い

このシリーズは「ボイラーの構造」「ボイラーの取扱い」「燃料及び燃焼」に分かれています。

持ち運びするときに全部持つと重い。

けれど色々な教科を勉強したい。

というときにジレンマがあります。

また、「ボイラーの構造」「ボイラーの取扱い」「燃料及び燃焼」をすべて買うと7,000円近くかかってしまいます。

ボイラーの構造規格 日本ボイラ協会

ボイラーの構造規格

平成19年9月 改訂版
B5 82ページ
価格:1,049円(税込)

・薄くて軽い

持ち運びしやすいのが利点ですが、表紙がちょっとペラペラ。

・規格と関係通達なので文章が堅い

法律の条文で載っているので確かな情報なんですが、読むのが苦痛です。

解説量は割と乗っているので解説文で理解していくような使い方です。

ボイラー構造規格の解説 日本ボイラ協会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成19年7月 改訂版
A4 227ページ
価格: 3,667円(税込)

・解説の量が多い
・ハードカバーで高級感がある

とても丁寧な解説が載っています。

・ハードカバーで重い
・解説の量が多いが買うほどではない

上で紹介しているボイラーの構造規格 日本ボイラ協会があれば十分です。

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈2〉―構造編

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈2〉―構造編の写真

燃焼社; 増補第2版 (1997/08)
B5判 180頁
定価(本体1,600円+税)

・会話形式で取っつきやすい

 

・内容が分かってくると会話形式はまどろっこしい。

・発行日が古い

 

 

 

特級ボイラー技士の参考書・テキストのオススメ「取扱い」

ボイラーの取扱い 日本ボイラ協会

ボイラーの取扱いの写真

2019年7月 第4版
A5 226ページ
価格: 2,200円(税込)

過去問に続いて買うべきはこのシリーズの参考書「構造」「燃料および燃焼」「取扱い」だと考えます。

・A5サイズでコンパクト
・日本ボイラ協会発行

上で紹介した「ボイラーの構造」と同じシリーズです。

・科目ごとに参考書が分かれていて重い
・科目ごとに分かれていて高い

また、「ボイラーの構造」「ボイラーの取扱い」「燃料及び燃焼」をすべて買うと7,000円近くかかってしまいます。

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈1〉―基礎・取扱編

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈1〉―基礎・取扱編の写真

焼社; 増補第2版 (1996/04)
B6判 160頁
定価 (本体1,500円+税)

・基礎が詳しい

工学の基礎からかなり優しく載っています。

熱力学の教科書を買うよりこの本を読んだほうが頭に入ってくる。

・基礎に容量を割いているので取扱に関する部分が薄い。

 

ボイラーの自動制御シーケンスの読み方図表 日本ボイラ協会

ボイラーの自動制御シーケンスの読み方図表の写真

平成19年4月 改訂第5版
A4 20頁
価格: 836円(税込)

・カラーで見やすい
・日本ボイラ協会発行

上で紹介した「ボイラーの構造」と同じシリーズです。

・ペラペラ

つくりがチープですが、値段が安いのでこんなもんでしょう。

特級ボイラ技士試験制御回路図の考え方

特級ボイラ技士試験制御回路図の考え方の写真

燃焼社 (1996/05)
B5判 100頁
定価(本体2200円+税)

・機械畑の人向けに書いてあり取っつきやすい

制御回路って機械系の方は何を書いてあるかさっぱりわかりませんよね?

そんな方向けに書いてある本なのでオススメします。

・白黒

 

特級ボイラー技士の参考書・テキストのオススメ「燃料および燃焼」

燃料および燃焼 日本ボイラ協会

燃料と燃焼の写真

2019年7月 第4版
A5 179
価格: 2,200円(税込)

過去問に続いて買うべきはこのシリーズの参考書「構造」「燃料および燃焼」「取扱い」だと考えます。

・丁寧な解説
・日本ボイラ協会発行

上で紹介した「ボイラーの構造」「ボイラーの取扱い」と同じシリーズです。

・科目ごとに参考書が分かれていて重い
・科目ごとに分かれていて高い

また、「ボイラーの構造」「ボイラーの取扱い」「燃料及び燃焼」をすべて買うと7,000円近くかかってしまいます。

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈3〉燃料及び燃焼編

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈3〉燃料及び燃焼編の写真

燃焼社; 増補版 (1996/05)
B5判 100頁
定価(本体2,300円+税)

・途中式まで詳しい。

公害防止管理者やエネルギー管理士などの勉強にもオススメ

・内容が分かってくると会話形式はまどろっこしい

 

特級ボイラー技士の参考書・テキストのオススメ「法規」

ボイラー及び圧力容器安全規則 日本ボイラ協会

ボイラー及び圧力容器安全規則の写真

2019年3月 改訂第12版
A5 237頁
価格: 1,151円(税込)

・特になし

下に紹介する「ボイラー及び圧力容器安全規則の解説(2019年改訂版)」が高過ぎて買えないならこの本かな。という程度。

・条文だけなので読む気が起きない。

ボイラー及び圧力容器安全規則の解説(2019年改訂版) 日本ボイラ協会

ボイラー及び圧力容器安全規則の解説の写真

2019年3月
A5 531頁
価格: 5,940円(税込)

・丁寧な解説

とても丁寧です。条文はもちろん通達まで載っていますし、解説や解釈が丁寧に書いてあります。

バリバリ本業でも使っている本です。

但し高い!いい本なので自腹で買いましたが。

・重い
・高い(5,940円!?!?)

とにかく高い。でも良書です。しかし高い。

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈4〉―法令編

特級ボイラ技士試験計算問題の考え方〈4〉―法令編の写真

燃焼社 (2000/10)
B5判 160頁
定価 (本体2,500円+税)

・「法規の計算問題」にポイントを絞っている。

勉強し始めは「法規」分野なのに計算問題!?

となると思いますので、この本から入ることをオススメします。

・内容が分かってくると会話形式はまどろっこしい

 

まとめ 最小限揃えるべき教材は?

最小限に絞り込むとしたら、

まず過去問!何に取り組むにしても、まずは過去問です。

そして、わからないときに「これさえ見れば理解できる」と思えるものを揃える。

それが日本ボイラ協会発行の教科ごとの3冊です

最小限揃えるならコレ!

・特級ボイラ技士試験問題解答集
(ボイラ技士試験研究会)
・ボイラーの取扱い
(日本ボイラ協会)
・燃料および燃焼
(日本ボイラ協会)
・ボイラーの構造
(日本ボイラ協会)

今回ご紹介した日本ボイラ協会の書籍はAmazonにも楽天にもありませんでした。

気になった方は下記リンクからどうぞ。

参考リンク

日本ボイラ協会 図書オンラインショップ

https://www.jbanet.or.jp/online_shop/products/list.php?category_id=9